田園都市線世田谷区三軒茶屋ウィメンズクリニック不妊治療レディースクリニック|当院の不妊症検査・治療について

田園都市線世田谷区三軒茶屋ウィメンズクリニック不妊治療レディースクリニック|不妊症の検査をお受けになる方へ

患者様の体調とお考えを考慮した当院の各種検査治療方法をご提案いたします。

基礎体温

最近は、超音波断層法やホルモン検査の発達により、排卵日の予測や黄体機能などの評価が可能となってきていますが、基礎体温は簡便でかつ安価に月経周期を測定できます。使用する体温計は水銀とデジタルがありますが、最近ではどちらでもよいとなっております。しかし、基礎体温をつけることによりストレスを感じるようであれば、無理につけなくても結構です。

低温期ホルモン検査

・FSH(卵胞刺激ホルモン)
脳下垂体から分泌されるホルモンで、卵巣に作用し卵胞を発育させます。排卵する能力を判断する1つとされています。
・LH(黄体化ホルモン)
排卵に関与し、黄体を形成するホルモンです。
・PRL(プロラクチン)
乳汁分泌を促すホルモンで、通常は分娩後に大量に放出されます。 しかし、それ以外のときに高値を示すと、排卵障害による不妊症の原因となります。
・E2(エストロゲン)
卵巣から分泌され、低温期に子宮内膜を厚くし、排卵期には子宮頚管粘液を増加させる作用があります。

前胞状卵胞数の検査

月経中に、超音波で卵巣をチェックします。卵巣内にある小さい卵胞の数を測定します。排卵する能力を評価する検査の1つです。

子宮卵管造影

月経終了後から排卵前に行う検査です。卵管の通過性、子宮の形態を調べる検査です。X線の検査のため、排卵直前は避けましょう。

卵胞計測

超音波により、卵巣内の卵胞の大きさを計測し、排卵の予測をします。1周期につき、2~3回行います。また、子宮内膜の厚さを測定し、排卵に見合った状態かどうか確認します。

フーナー検査(性交後検査)

検査当日または前日に夫婦生活(タイミング)をしていただき、性交後12時間以内に検査を行います。頸管粘液中の運動精子を確認する方法です。

排卵後検査

排卵後2~3日後に、きちんと排卵したかどうかを超音波で確認します。毎周期ではありません。

高温期ホルモン検査

・P4(プロゲステロン)、 E2(エストロゲン)
黄体期中期のプロゲステロンは、黄体機能を評価します。黄体機能不全では、妊娠を維持することが難しくなります。1回の検査で評価はできませんので、数回行うことがあります。

精液検査

精子の濃度、運動率、奇形率、運動性などを調べます。

抗精子抗体検査

抗精子抗体があると、膣内に侵入してきた精子に対して、女性の性器内に分泌される抗体が結合し、精子の運動機能を障害したり、あるいは仮に精子が卵子に接近できた場合にも、抗体の結合した精子が容易に受精できないように阻害的な作用が働きます。これは保険適応ではありませんので、自費(6,300円)となります。

抗ミュラー管ホルモン(AMH)

卵巣の中にあるこれから育っていく卵胞から分泌されるホルモンです。発育可能な卵胞数は、年齢とともに減少します。AMH値も加齢とともに低下します。検査の時期は、月経周期に変動することがないため、いつでも検査することができます。これは保険適応ではありませんので、自費(7,875円)となります。

感染症スクリーニング検査

通常、妊娠初期に感染症検査を実施する施設も多いのですが、感染の時期が妊娠初期にあたると、胎児に影響を及ぼすものもあります。したがって、初診時にこれらの検査を行います。これは保険適応ではありませんので、自費(9,450円)となります。HBs抗原、HCV抗体、梅毒、クラミジアトラコマティスIgG、HIV、風疹ウィルス、トキソプラズマ抗体